箱とキツネと、パイナップル

箱とキツネと、パイナップル

村木美涼さんの第6回新潮ミステリー大賞受賞作。
帯に「これって果たしてミステリー?」と書かれていて、もはやミステリーであること自体疑いはじめているのが面白いです。
カスミ荘をめぐる人々の話で、好きな人はハマりそうだな~という雰囲気。

完全に個人的な好みとして、「夏をなくした少年たち」もそうでしたが、小さな子どもが死ぬ話は苦手です。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ