アタラクシア

アタラクシア

金原ひとみさんの小説。
由依と桂の夫婦と、それを取り巻く人々の話ですが、単純に「こういう話」と説明できないような話です。
心理描写がリアルすぎて、読んでいてしんどいところもありました。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ