白い衝動

白い衝動 (講談社文庫)

呉勝浩さんの小説。
序盤から不安を匂わせるわりにそっちの方向に行かず、「あれ?」という感じ。
人がたくさん死ぬミステリーが好きじゃないわたしですが、予感させておいてそちらに行かないのもモヤモヤするものだなぁと思いました。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ