マツリカ・マハリタ

マツリカ・マハリタ 「マツリカ」シリーズ (角川文庫)

相沢沙呼さんの小説。
主人公にイライラしながらも徐々にいい方向に向かっている感じがして、嫌な話ではなかったです。
序盤でマツリカさんは◯◯なんじゃないの?と思いながらも、途中で「それは◯◯ちゃうなー」とミルクボーイみたいになりながら読みました。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ