パラレルワールド・ラブストーリー

パラレルワールド・ラブストーリー (講談社文庫)

東野圭吾さんの小説。
90年代に書かれたバーチャルリアリティものですが、今読んでもそんなに古さを感じないというか、本質が人間ドラマにあるため気になりません。
ラストはちょっと後味が悪い気がしますが、2020年代の今はみんな幸せになっているかも?という可能性が感じられます。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ