風に立つライオン

風に立つライオン (幻冬舎文庫)

さだまさしさんの小説。
『風に立つライオン』の曲はもともと知っています。
曲の設定とは違うとのことですが、その雰囲気が味わえる小説になっています。

さだまさしさんの著書を読むのははじめてでしたが、「さだまさしなんで直木賞とってないの」と思うような、エンタメ性に富んだ小説でした。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ