君の膵臓をたべたい

君の膵臓をたべたい (双葉文庫)

住野よるさんの小説。
こういう話題作は往々にしてつまらなかったりするなぁと悪い先入観を持って読みはじめたら思いのほか面白かったです。
ちょっと主人公が気の毒すぎないかと思ってしまうのですが、後味はよかったです。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ