冬の光

冬の光 (文春文庫)

篠田節子さんの小説。
一言でいってしまえば「女性問題のあった父の死が自殺かと思いきや……」という話なんですが、山あり谷あり、興味を持ちながら読みました。
後味は悪くないけれど、ずーんとくるものがある話です。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ