キャッチ!

キャッチ!

岡崎愛子さんの著書。

岡崎さんのことはテレビで知りました。
福知山線の事故に遭って車椅子生活になり、その後アーチェリーをはじめてパラリンピックに内定したとのこと。
この本には事故のことやその後の入院、リハビリ、それからソニーに入社して独立するまでが書かれています。
綺麗事ばかりでなくリアルな思いが書かれていて、それでいて岡崎さんの強さが感じられる本でした。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ