星読島に星は流れた

星読島に星は流れた (創元推理文庫)

久住四季さんのミステリ小説。
最初読んでみて意味がよくわからなくて、犯人がわかってからもう一度読んだら面白かったです。
(ミステリ小説にあるまじき読み方)
タイトルの意味がわかったときは鳥肌が立ちました。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ