さみしくなったら名前を呼んで

さみしくなったら名前を呼んで (幻冬舎文庫)

山内マリコさんの短編集。
どれもさくっと読めるのに、その中にちくっと刺さるものがあってよかったです。
どこか既視感のある作品も多い気がしますが、それだけご本人の色があるのだと思います。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ