うかれ女島

うかれ女島

花房観音さんの著書。
序章から「あーこれうまくいかないんだろうなー」という不穏さを醸し出してきて、ドキドキしながら読み進めたら、想像していなかったところに着地して「すげぇ」と思いました。

もっと売れてもいい著書だと思っています(わたしが知らないだけで十分売れているのかもしれませんが)。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ