始まりの家

始まりの家

蓮見恭子さんの小説。
一言でいうとややこしい家族ものなのですが、なぜかすんなり読めて、ドロッとした部分やそこに見え隠れする愛らしきものがすごく良かったです。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ