名もなき毒

名もなき毒 (文春文庫)

宮部みゆきさんの小説。
どうなるのか気になって先へ先へと読み進めました。
読み終わって「菜穂子がムカつく」という感想になってしまったので、たぶん自分にも原田いずみみたいな一面があるのだろうなぁと思いました。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ