はぶらし

近藤史恵さんの小説。
疎遠になっていた同級生が1週間泊めてほしいと転がり込んでくる、序盤で不穏な匂いしかしません。
どこまで嫌なことが起こるのだろうと最悪の事態を想定しながら読んだものの、そこまでひどいことは起こらず、ほっとしたような肩透かしだったような読後感でした。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ