婚礼、葬礼、その他

婚礼、葬礼、その他 (文春文庫)

津村記久子さんの小説。
一見ライトな文体に見えて実はこってりしているところがいいですね。
表題作「婚礼、葬礼、その他」は主人公にイライラしつつ、こういう人もいそうだなという感じ。
「冷たい十字路」は読み終わってずーんとくる話でした。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ