大家さんと僕 これから

大家さんと僕 これから

矢部太郎さんの著書。
「大家さんと僕」の続編で、完結編です。
前作よりも確実に腕が上がっています。
この大家さんは矢部さんと出会わなければ名もなき大家さんだったわけで、不思議なめぐり合わせを感じます。
現在はこういう戦争を知る世代が亡くなっている時期なのだな、と思わされました。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ