大家さんと僕

大家さんと僕

矢部太郎さんの著書。
大家さんとの微妙な距離が書かれていて、最初のうちは「おいおい」と思いつつ、だんだんその世界に引き込まれていきます。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ