何様

何様 (新潮文庫)

朝井リョウさんの小説。
「何者」のサイドストーリーですが、直接ではなくうっすらつながっている話もあります。
短編集で、この本だけでも読めますが、「何者」を読んでいたほうが面白いのは間違いありません。

わたしは「きみだけの絶対」が好きです。
花菜の家庭環境は直接詳らかにされないのに、どういう環境にいるかが伝わってきて、胸が痛くなります。
主人公の心理の動きにも無理がなく、寄り添って読める話でした。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ