帝国の女

帝国の女

宮木あや子さんの小説。
タイトルを見て「戦争ものかな?」と思ってしまいましたが、帝国テレビジョンというテレビ局を舞台にしたお仕事小説です。

すでに同氏の作品をいくつか読んでいると、既視感を覚えるような内容です。
それを「またこんな感じか」と思うか、「待ってました」と思うかで評価が分かれそうです。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ