静かに、ねぇ、静かに

静かに、ねぇ、静かに

本谷有希子さんの小説。
面白かったです。
楽しいタイプの面白さではなく、怖いなー、やだなー、やっぱりこういうことになるんだなー、という面白さです。

3編が収められていますが、最初の「本当の旅」のパンチが強すぎて、あとの2つもすごく面白いのに、分が悪くなってしまった感じがします。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ