爽年

爽年

石田衣良さんの娼年、逝年に続く完結作。
娼年も逝年を読んだのはだいぶ前のことだったので、覚えてないかな?と思いきや、読み始めたらあの世界観が蘇ってきて、意外と覚えていたことがわかりました。
これまでのフラグをちゃんと回収していて、よかったです。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ