5時過ぎランチ

5時過ぎランチ

羽田圭介さんの小説。
ローカル路線バスの旅でこの本をアピールしていたため読んでみましたが、バス旅の視聴者との親和性は低いような……。
ランチというOLの牧歌的な響きに似合わぬ、バイオレンスな小説でした。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ