新参者

東野圭吾さんの小説。
異動になったばかりの新参者・加賀恭一郎警部補があちこちに聞き込みをして、事件を解決に導く話です。
登場人物がとにかく多く、挫折しそうになりましたが、だんだん世界がつながってくるところがよかったです。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ