夜の谷を行く

夜の谷を行く

桐野夏生さんの小説。
昔連合赤軍として山岳ベースに加わっていた西田啓子が2011年の震災を通じて心境が変化していく話です。
多分にフィクションも含まれているのでしょうが、かなり引き込まれるストーリーで、終わり方もよかったです。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ