悪女について

悪女について (新潮文庫)

有吉佐和子さんの小説。
40年前の小説とは思えないほどで、没頭して読みました。
いろんな矛盾があって、結局回収されないところも多く、どれが真実なのか気になります。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ