Red

Red (中公文庫)

島本理生さんの小説。
濃厚な性描写で不倫物、ちょっと『失楽園』に似た感じです。
400ページの厚い本ですが、一気に読んでしまいました。
出てくる人がみんな変な人で、視点人物の塔子にも全く共感できなくて、終始「なんやねん」と思いながら読む本です。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ