人質の朗読会

人質の朗読会 (中公文庫)

小川洋子さんの小説。
人質たちが書いた物語という形式の短編集です。
人質の運命は冒頭で明かされていて、決して凄惨な描写はないのですが、それがかえって怖さを醸し出していました。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ