リッツ・カールトンと日本人の流儀

リッツ・カールトンと日本人の流儀

元リッツカールトン日本支社長である高野登さんの著書。
アメリカのホテルマン時代の章が一番おもしろかったです。
次々とレベルアップしていく様子が「ほんとかよ」と思うようなテンポで進んでいきます。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ