島はぼくらと

島はぼくらと (講談社文庫)

辻村深月さんの小説。
同じ島に住む高校2年生4人とその周囲の人をめぐる話です。
ハラハラするところもありながら、最終的には安心できるお話でした。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ