マリー・アントワネットの日記 Rose

マリー・アントワネットの日記 Rose (新潮文庫nex)

吉川トリコさんの小説。
マリー・アントワネットの日記という体裁で、アントワネットの結婚~即位あたりを書いているのがRoseです。
平成末期のネットスラングが豊富に使われていて、数年後に読むと懐かしく感じそう。
「バブみ」が誤って使われていることをこの本ではじめて知りました(そこ?)。
全体的な感想は下巻のBleuのほうで。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ