少女たちの羅針盤

少女たちの羅針盤 (光文社文庫)

水生大海さんの小説。
水生大海さんを知ったきっかけは鈴木輝一郎さんの著書でした。
鈴木輝一郎さんは小説講座をしていて、水生大海さんはその生徒さんだったそうですが、鈴木さんは水生さんをひと目見て「この人は絶対に作家になる」と確信したのだとか。

この作品は青春ミステリーです。
それぞれのキャラクターが立っていて、最後どうなるんだろうとハラハラしながら読みました。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ