紙の月

紙の月 (ハルキ文庫)

角田光代さんの小説。
ひとことで言うと男に溺れて1億円を横領した主婦の話でしょうか。
夫婦関係や悩みなど、読んでいていたたまれなくなるところが多かったです。
もう少し先の展開まで読みたかったなと思いました。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ