あたし、ちょっとマシーン

あたし、ちょっとマシーン

清瀬マオさんの小説。
もはや自分がR-18文学賞の受賞者マニアみたいになっています。
清瀬さんは「なくこころにさびしさを」で第5回の優秀賞を受賞していますが、この作品は単行本未収録で、さらにはこの「あたし、ちょっとマシーン」が今のところ唯一の著書です。
しかも第5回というと伝説の宮木あや子「花宵道中」回ですね。

それで、この小説は、ソープ嬢として働く女子大生の話で、途中までは「はいはいそういう話ね」という感じで読んでいたのに、終盤にかなり大きな秘密が明かされ、さらに最後のほうで突然問題が解決し、「おいおい」と思いつつもまぁまぁ面白かったです。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ

管理人からのお知らせ