永遠とか純愛とか絶対とか

永遠とか純愛とか絶対とか (光文社文庫)

岩井志麻子さんの小説。
これまで岩井さんの小説を読んでいなかったことに気付き、読みました。
面白かったです。
まわりから見れば騙されていることは明確でも、本人はそれが見えなくて、自分もそういう状況に陥らないとも限らない、ということを考えました。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ

管理人からのお知らせ