コバルト文庫40年カタログ

コバルト文庫40年カタログ コバルト文庫創刊40年公式記録

このたびわたしの書いた小説が第196回コバルト短編小説新人賞を受賞しました。
第196回|短編小説新人賞|集英社Webマガジンコバルト

コバルト文庫よりも渡辺淳一先生の小説を好んで読んでいた中学生が、
20年の時を経てこのような賞で入選できたことを面白く思っています。

賞をとったからといってデビューできるわけではないのですが、
多少のご縁ができたということで、この本で歴史を勉強することにしました。

第190回までの短編小説新人賞の歴代受賞者が載っていて、
もう少し早かったらわたしも載ったのに!という気持ちと、
この中にわたしも名を連ねることになるのか……という感動が湧いてきました。

読めば読むほど「とんでもないところに足を踏み入れてしまった」と思います。
それぐらい重い歴史があるレーベルです。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ

管理人からのお知らせ