もものかんづめ

もものかんづめ (集英社文庫)

さくらももこさんが亡くなって、読んだことないなと思って読みました。
さくらももこさんに限らず、エッセイ本に途中で飽きてしまうのはわたしだけでしょうか。
最初の方は面白いなーと思って読むのですが、途中でもういいやってなります。
連載で少しずつ読むぐらいがいいのかもしれません。

内容は普通におもしろかったです。
水虫の話や曲がった金魚の話など、今後も折に触れて思い出しそうな話が満載です。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ