屋上のウインドノーツ

屋上のウインドノーツ (文春文庫)

額賀澪さんの小説。
『ヒトリコ』で小学館文庫新人賞を、この『屋上のウインドノーツ』で松本清張賞を、同時期に受賞したという強者。
どちらも構造は似ているものの、全然違ったお話で、同時進行していたことがすごいなと思いました。

屋上のウインドノーツも読んでいて結構しんどいところがありますが、
ヒトリコよりはこっちのほうがしんどさが少ないかな?というところ。
読み比べるのも面白いと思います。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ

管理人からのお知らせ