さよならクリームソーダ

さよならクリームソーダ (文春文庫)

額賀澪さんの小説。
家族との関係に悩む二人の男子大学生のお話。
いろいろと暗い過去がありそうなのを匂わせて、やっぱりねーみたいな感じで展開していきます。
しんどい話ではあるのですが、最後にはなんとかなりそうな気がする、そんな話です。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ

管理人からのお知らせ