国道沿いのファミレス

国道沿いのファミレス (集英社文庫)

公募ガイドの連載のバックナンバーでこき下ろされていたので、
どんなものかと読んでみたら、確かに微妙でした。
登場人物にまともな人がいなくて、それが小説として面白くなっているわけではなく、イライラさせられる感じです。
同時受賞のたぶらかしのほうが面白かったです。

ただ公募ガイドで「こんな作者が生き残ると思えない」みたいにこき下ろされていたわりに、
その後も何冊か刊行されているのは面白いところだと思いました。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ

管理人からのお知らせ