ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。

ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。 (講談社文庫)

辻村深月さんの小説。
ちょうど最近読んだ吉川トリコさんの「光の庭」と似たところがありました。
フリーライターの主人公が地元の同級生に起きた事件をめぐって周囲に聞き込みをするという設定が同じです。
(「光の庭」のほうがあとですが)

話が入り組んでいて見えづらいところがあったのですが、
最後のほうで「あぁそういうことか」と納得しました。

重い話だし救いがないといえばそうなのですが、
まぁ小説だからねぇと思ってしまうような話ではありました。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ


The following two tabs change content below.

宮島ムー

いろいろブログやってます運営ブログ一覧とプロフィール
読書好きの主婦が、主に図書館で借りた本を感想とともにUPしているサイトです。Twitterもフォローしていただけるとうれしいです!(@muumemo)

最新記事 by 宮島ムー (全て見る)