イノセント 

イノセント

島本理生さんの小説。
読み始める前は途中で挫折するかと思っていたのですが、最後まで一気に読むことができました。
だいぶ重くてつらいところもあるのに、不思議と読めてしまう本でした。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ