やがて海へと届く

やがて海へと届く

彩瀬まるさんの小説。
人の死について考えたくなる小説です。

途中、何を書いているのかわからないところが多々あったのですが、
みんなこういうのわかって読んでいるんですかね。
そもそもわたしは小説を読むのに向いてないんじゃないかと思うような作品でした。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ


The following two tabs change content below.

宮島ムー

いろいろブログやってます運営ブログ一覧とプロフィール
読書好きの主婦が、主に図書館で借りた本を感想とともにUPしているサイトです。Twitterもフォローしていただけるとうれしいです!(@muumemo)

最新記事 by 宮島ムー (全て見る)