カエルの楽園

カエルの楽園 (新潮文庫)

百田尚樹さんの小説。
カエルの楽園と思われたナパージュが滅亡に至るまでを寓話のように書いています。
面白かったり「うーん」と思ったり、どう感想を述べたらいいのかわからない本です。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ

管理人からのお知らせ