水やりはいつも深夜だけど

水やりはいつも深夜だけど (角川文庫)

窪美澄さんの小説。
子どもを同じ幼稚園に通わせている家庭の物語が5編収められていますが、
相互につながりがあるわけでなく、それぞれの家庭の悩みをリアルに描きだしています。
共感して苦しく部分もあれば、「この人よりはマシだな」と思う部分も。
どれも希望のある終わりになっているので、読後感は悪くなかったです。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ

管理人からのお知らせ