萩尾望都 少女マンガ界の偉大なる母 

萩尾望都 少女マンガ界の偉大なる母(文藝別冊)

宝塚で『ポーの一族』が上演されることになってはじめて萩尾望都さんのことを知りました。
それぐらい縁遠い人生を歩んできたみたいです。

この本に収録されている、デビュー作の『ルルとミミ』はかわいらしい少女マンガですが、
ここからすべてがはじまったと思うと底知れぬものを感じます。

本人のロングインタビューも家族のロングインタビューもみんな「普通の人」という感じなのに、
寄稿している人たちはみんな萩尾先生を神のようにあがめていて、そのギャップが面白かったです。

こちらの本もどうぞ

◇トップページに戻る◇

管理人からのお知らせ


The following two tabs change content below.

宮島ムー

いろいろブログやってます運営ブログ一覧とプロフィール
読書好きの主婦が、主に図書館で借りた本を感想とともにUPしているサイトです。Twitterもフォローしていただけるとうれしいです!(@muumemo)

最新記事 by 宮島ムー (全て見る)