思い出したくもないつらい過去にサヨナラする本

思い出したくもないつらい過去にサヨナラする本

いやな記憶ばかり思い出してしまうので、記憶が消えればいいのにとよく思います。
この本を読んでも「どうせ変わらないだろう」とあきらめ気味だったのですが、
ところどころやってみたいと思うようなアドバイスが載っていました。
この手の本はよく「いいことだけを考える」という話に持っていきがちですが、
悪いことを思い出してしまったときにどうしたらいいのかということも説明しています。
「記憶はイメージに過ぎない」ということはしっかり覚えておきたいです。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ

管理人からのお知らせ