神さまたちの遊ぶ庭(文庫版)

神さまたちの遊ぶ庭 (光文社文庫)

すでに単行本では読んでいたのですが(そのとき書いた感想)、このたび文庫版が出たので読みました。
後日談の「それから」は「あとがき」も収録されていますが、ほんのちょっとだけです。
物足りなく感じてしまいましたが、本編だけで完結しているということでしょう。

次男のボギーくんが町の広報紙に取材されたというエピソードが載っていたので、広報紙しんとくで探してしまいました。
ちゃんと見つかりました。
宮下さんというのはペンネームではなく、本当に宮下さんなんですね。
想像していたより子どもでした。
というより勝手に想像していただけで、そういえばまだ中学1年生だったと納得しました。

大晦日に「地上波の紅白が映らなくて見られなかった」というエピソードが出てくるのですが、それ以前に「難視聴地区なのでBSで地上波が見られる」という話が出てくるので、「?」となりました。

わたしが一番面白かったのは、六月某日の「土砂降り」です。
「そこなの?」と思われそうですが。

こちらの本もどうぞ

◇トップページに戻る◇
Pocket

The following two tabs change content below.

宮島ムー

いろいろブログやってます運営ブログ一覧とプロフィール
読書好きの主婦が、主に図書館で借りた本を感想とともにUPしているサイトです。読む本はフィーリングで決めています。Twitterもフォローしていただけるとうれしいです!(@muumemo)