大地のゲーム

大地のゲーム (新潮文庫)

綿矢りささんの小説シリーズ、これでいったん終了です。
『大地のゲーム』は大地震が起こった後、大学で暮らす人々の話。
未満都市みたいなのを想像していたのですが、そこまで混沌としていません。
なにが書きたかったのかよくわからないまま終わりました。

短期間に『かわいそうだね?』『ひらいて』『しょうがの味は熱い』『憤死』『大地のゲーム』をまとめて読んで、わたしが好きだったのは『亜美ちゃんは美人(『かわいそうだね?』に収録)』と『憤死』です。

しかし、好きでもないのに後を引いたのが『かわいそうだね?』です。
ムカつくのに、心に残ります。
賞を獲ったことに納得してしまいました。

こちらの本もどうぞ

◇トップページに戻る◇
Pocket

The following two tabs change content below.

宮島ムー

いろいろブログやってます運営ブログ一覧とプロフィール
読書好きの主婦が、主に図書館で借りた本を感想とともにUPしているサイトです。読む本はフィーリングで決めています。Twitterもフォローしていただけるとうれしいです!(@muumemo)