誰かが足りない

誰かが足りない (双葉文庫)

宮下奈都さんの小説です。
一軒の洋食レストラン「ハライ」へ、同じ日時に予約を入れた6組のお話。
どのストーリーもそれぞれに暗い過去があり、予約を入れた相手が来るのかどうかわかりません。
予約1、予約2と後に行くにつれ、相手が来る可能性が高くなっている気がします。

しかし最終的に、相手が来るかどうかはわからないままお話が終わってしまいます。
もう少し先まで読みたかったというのが率直な感想です。

こちらの本もどうぞ

◇トップページに戻る◇
Pocket

The following two tabs change content below.

宮島ムー

いろいろブログやってます運営ブログ一覧とプロフィール
読書好きの主婦が、主に図書館で借りた本を感想とともにUPしているサイトです。読む本はフィーリングで決めています。Twitterもフォローしていただけるとうれしいです!(@muumemo)